注意点がある

花嫁

様々な立場の人がいる

社内恋愛が結婚に至った場合はもちろん幸せなことですが、注意するべき点もあります。それは結婚報告に関わることです。会社にはさまざまな立場の人間がいますので、社内恋愛で結婚したときには、よりしかるべき順序で報告する必要があります。まず真っ先に報告するべき人は自身の直属の上司です。それから同じ部署に所属している先輩方に報告して最後に同僚や後輩にいいましょう。これが原則です。また、報告内容にも気をつけることがあります。それは披露宴に招待するかどうかをはっきりと明言することです。特に社内恋愛の場合には上司も非常に気になります。必ず招待しなければいけないというものではありませんが、直前になって招待するのはマナー違反です。招待するならその意思を伝えて、招待するつもりがないのであれば「親族だけで済ませます」等の配慮の言葉を添えるべきでしょう。同僚や後輩に対しては報告内容に気をつけることは特にありません。もし上司に報告する前に教えてしまったときにはくれぐれも秘密にしておいてほしいと伝えましょう。さらに、女性の場合は結婚をしてそのまま退職するケースもあります。したがって、報告するときにはタイミングも重要です。なるべく早めに結婚する旨と退職する旨を報告しておきましょう。3ヶ月前から半年前に言うことをおすすめします。会社の社内規定も事前に確認しておくといいでしょう。もちろん、社内恋愛の場合は周囲も知っている可能性がありますので、比較的理解を得られやすいです。

Copyright© 2017 尊敬できる異性と結婚しよう【アラフォーの婚活方法を解説】 All Rights Reserved.